2018/02/07 初節句❁

皆さんは『節句』というと何を思い浮かべますか?

真っ先に思い浮かぶのは『桃の節句』、『端午の節句』あたりでしょうか?
実は、節句とは『五節句』といって年に5日あるのです!

 

1月7日 人日(じんじつ)の節句
『七草の節句』ともいって、七草粥を食べる日のことです。
自然から新しい生命力を頂いて、元気に長生きできるように願います。

 

3月3日 上巳(じょうし)の節句
上巳(じょうみ)とも読むようです。
ひな祭り、または『桃の節句』のことで、元々は厄祓いの節句でした。
現在はひな人形を飾ったり桃の節句の料理をいただいたりして、女の子の誕生を祝い、健やかな成長を願う日となっています。

 

5月5日 端午(たんご)の節句
国民の祝日の一つ、こどもの日です。『菖蒲の節句』ともいいます。
厄除けに使われていた『菖蒲(しょうぶ)』と、武道を重んじるという意味の『尚武(しょうぶ)』の音が同じであることから、武士の間で縁起が良いとされ、男の子の誕生と成長を祝う節句となりました。

 

7月7日 七夕(たなばた)の節句
皆様ご存知の七夕です。旧暦の7月7日、新暦では8月7日頃になるようです。
織姫と彦星が一年に一度会うことを許されたロマンチックな日ですね!
七夕にはそうめんを食べると無病息災、という言い伝えもあります。

 

9月9日 重陽(ちょうよう)の節句
旧暦の9月9日、新暦の10月9日頃は菊が最も美しい季節であることから、別名を『菊の節句』といいます。
不老長寿の象徴とされる菊を主役に、邪気を祓い長寿を願う日です。

 

このように節句と一口に言っても様々な行事があります。
中でも、お子様が生まれて初めて迎える節句を『初節句』と言います。
女の子なら三月の桃の節句、男の子なら五月の端午の節句にお祝いをします。

 

一生に一度の初節句、お子様の成長を記念に残す大切な機会です。
日々すくすく成長していくお子様の『今』を、ご家族写真に残すのはいかがですか?

 

初節句撮影

衣装レンタル代 3,000円
+
写真代(キャビネ写真なら5,000円)

 

詳細はこちらから


来店予約&お問い合わせ
電話する

ページトップへ戻る